学部・学科紹介

「一流の音楽家は、人間的にも一流であれ」これが建学時より受け継がれる本学の精神です。先人のこの含蓄ある言葉を現代社会に敷衍するならば、本学の使命は「音楽を土台として現代社会の様々な局面に対応し得る人材を育てる」ことだと私は考えます。個人レッスンを核とした高度な音楽技量の修得を主軸として個を確立する。学内オーケストラ等において他者との調和を学ぶ中で協調性と社会性を獲得する。海外留学や海外オーケストラとの交流等、世界に対して開かれた環境の中で国際性を養う。これらはまさに激動する現代の社会を生き抜いていく力に他なりません。
音楽を土台として獲得されるこれらの力は、将来皆さんが演奏家の道に進もうと、教育者の道に進もうと、企業人の道に進もうと、必ずや「明日を生きる力」となって、皆さんが今後の人生を生きてゆく上での確固とした拠り所となることでしょう。
都市型音楽大学という理想的な環境の中で真摯に学び、音楽を通して広く社会に貢献することのできる人材となられんことを願っています。

学校法人  東京音楽大学
理事長 鈴木 勝利       

このページの先頭へ