セレンディピティの触発。

「セレンディピティ」とは、何かを探している時に、予想外の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉です。TCMの学生は、日本のクリエイティビティを担っている中目黒・代官山エリアで、様々な発見に触発されながら学問を探求することができます。私たちは、TCMの学生が音楽という主軸をもった上で、文化水準の高い土地で学ぶことによって、多様なクリエイティブ人材の育成に力を入れていきます。

Topics

2年生以上の授業は新キャンパス

1年生の受講者が多い講座系授業は主に池袋キャンパスで行い、2年生以上の受講者が多い講座系授業は、主に新キャンパスで行います。

新キャンパスには、最高の音響を持つ大中小の各種レッスン室が80室以上あります。これまで以上に良質なレッスンを最先端の文化の街中目黒・代官山で全学生に提供します。

レッスンは新キャンパスを中心に

付属高校は池袋キャンパスに移設

付属高校を池袋キャンパスに移設することで、質の高い高大一貫教育を提供します。

学生と地域の交流促進

中目黒・代官山エリアは、クリエイティブな人が集い、大使館や文化施設も多い国際的な街です。TCM一体となり、世界に文化を発信していきます。

設計チームの想い。

「まちと協奏するみどりの中の音楽大学」

中目黒と代官山の二つのまちとキャンパスをつなげ、より魅力的な場所となるように学生や地域の方の憩いの場となる緑豊かなオープンスペースを計画しました。新キャンパスの軸となるExhibition Roadと、目切坂の歴史と既存樹木を活かしたみどりの鎌倉街道などの散歩道や、武蔵野の森を再現した中庭のMusicParkなどの広場は、大学と地域の文化交流が相乗的に活性化される場と考えています。新キャンパスが世界と交流し、新しい文化を発信する場となり、未来をになう学生がこの場所で得た様々な体験や活動を通して、世界で活躍することを願っています。

 

日建設計・戸田建設 設計共同体

New Campus Project

生まれ変わります。

Tokyo College of Music(TCM)は、2018年に創立111周年を迎え、そのメインプロジェクトとして「中目黒・代官山新キャンパス計画」を立ち上げました。2019年4月の開校に向け、新しい時代にふさわしい音楽教育の改革に挑んでいます。新キャンパスのできるエリアは、都心の交通至便な好立地、かつ緑豊かで文化レベルの高い一等地です。私たちは、芸術への親和性が高いこの地をベースに、音楽はもちろんリベラルアーツなどの多様性を重んじ、「学生が希望する分野に進み、そこで活躍することのできる能力を身に付ける」という本学の教育目標を実現していきます。

Staying up to date with real world.

東京音楽大学 新キャンパス計画

 

Scroll to Start

Access

東急東横線「中目黒」駅まで徒歩

東急東横線「代官山」駅まで徒歩

4

4

東急東横線「渋谷」駅まで電車

JR線「恵比寿」駅まで徒歩

6

10

Facility

TCM New campus Project

Copyright © Tokyo College of Music - 2017. All Rights Reserved.