学部・学科紹介
作曲指揮専攻

作曲 芸術音楽コース

ここから新しい音楽、新しい歴史が始まる

本コースは、国際的視野を持つ創造的な作曲家を目指します。充実した教授陣の指導のもと、古典から現代に至る作曲技法を学びながら、様々な編成の楽曲を創作することで「確実な創作能力の向上」および「現代の多様なジャンルの音楽に対応できる創作力の養成」を図ることができます。
また、自作品の演奏体験の機会を持つことで演奏家との関係を学び、社会性を身に付けながら将来に向けて豊かな人間性をも育みます。
劇音楽やゲーム音楽など、商業音楽分野の作編曲に興味のある学生に対しては、「映画・放送音楽コース」と兼任する教員による、芸術音楽をベースにしながら多様なメディアに対応した創作のためのレッスンを受講することも可能です。

■ 週1回の個人レッスン(学生が担当教員を毎年度自由に選択可)。
■ 希望する指導者から伝統的な作曲技法と現代の最先端音楽へのアプローチを実践的に学べます。
■ 志向する音楽のジャンルにより、他の教員のレッスンも自由に受けることができます。
■ 1、2 年次で管弦楽法や対位法を、2 年次以降は20 世紀以降の作曲技法を学びます。
■ 3 年次にはコンピューター音楽やマルチメディア演習を通して、テクノロジーを活用した作曲能力を習得できます。また、吹奏楽の書法も学びます。



ディプロマ・ポリシー

このページの先頭へ