学部・学科紹介
器楽専攻

コンポーザー=ピアニストコース

ピアニストと作曲家、両方の道で活躍する

ピアノと作曲の両方において第一線で活躍する若い音楽家を育成する、他の大学にはない特色のあるコースです。その最大の特色は、ピアノと作曲の両方とも十二分に高度な実技レッスンが受けられることです。ピアノの演奏活動と作曲活動をしている講師陣が指導に当たります。結果的にコンポーザー=ピアニストとして、自分が作った曲を自らがピアノで弾けるようにも指導していきます。なお、希望者には器楽専攻(ピアノ)あるいは(ピアノ演奏家コース)、作曲指揮専攻の作曲「芸術音楽コース」へのコース変更制度も設けられています。

■ ピアノ実技は器楽専攻(ピアノ)とほぼ同じカリキュラムで学びます
■ 作曲技法では、和声法、対位法、楽器法、管弦楽法等を学び、オーケストレーションができるところまで
    を目指します
■ 卒業に際しては卒業演奏と卒業作品の両方が課されます

このページの先頭へ