学部・学科紹介
器楽専攻

ピアノ創作コース

ピアノと楽曲創作の両方を学べる

ピアノ演奏に加えて、楽曲創作についても基礎から学び、編曲、作曲、自作曲演奏、伴奏づけなどができるようになります。ソロやアンサンブルの楽曲創作から、管弦楽や吹奏楽の編曲等も含め、ジャンルや編成を問わない楽曲創作まで、ピアノと作曲の両方を勉強することで可能性を広げ、多種多様なことに対応できる人材を育てます。希望者には、器楽専攻(ピアノ)あるいは(ピアノ演奏家コース)、(コンポーザー=ピアニストコース)へのコース変更制度も設けられています。

■ ピアノ実技は器楽専攻(ピアノ)とほぼ同じカリキュラムで学びます
■ 創作実技(作曲)、作曲理論基礎(和声・対位法、管弦楽法など)は、個人レッスンを主体として、
    作曲指揮専攻の作曲「芸術音楽コース」の教師陣が各学生の習熟度に合せて指導します


このページの先頭へ