学部・学科紹介
器楽専攻

ピアノ演奏家コース

身体の一部のように自在に楽器を操る―それは言葉以上に人々の心を揺さぶる

「ピアノ演奏家コース」は、演奏家として自立できるように基礎技術から学び、実践的な舞台経験を積み、最終的に高度なピアノ演奏能力を身につけることを目標としています。実技指導においては実技能力の向上と充実を図るために、二人の教員によるダブルレッスン制を設けており、また、例年海外招聘音楽家等による個人レッスン、および公開レッスン、室内楽レッスンを受ける機会もあります。講座は主に「作品解釈」「室内楽」「ピアノ指導法」「音楽形式」「現代音楽の解釈と奏法」等。ジャンルを越えた音楽家や様々な専門家による講座やレッスンを通して、演奏家となるためのより広い視野の音楽観や人間性を養います。
定期試験はホールにおいて、20〜30分程度の公開演奏です。また成績優秀者は、3年次のリサイタル試験を受験することができます。定期試験の成績が基準点に達しなかった学生は、「ピアノ」へ転籍となりますが、その場合、復帰オーディションにより「ピアノ演奏家コース」に復帰できる制度も設けられています。


ディプロマ・ポリシー

このページの先頭へ