学部・学科紹介
器楽専攻

弦楽器

個性の煌めきと協調の融合を目指し、究極の響きを追求する

弦楽器

弦楽器独特の美しく豊かな響きを追求するとともに、それぞれの感性と知識によって、楽曲の様式や作曲者の意図をとらえ、どのように表現するかを探求します。また、合奏等の授業において常に美しい音への意識を高めること、他者と協調し連帯感を養うことに教育の重点を置いています。

■ 週1回の個人レッスン
■ 1、2年次必修の「管弦楽または合奏(オーケストラ)」と「室内楽」では、ア
    ンサンブルの基礎を学びます
■ 弦楽器室内楽を学びたい学生のために「弦楽アンサンブル」が開講されています
■ 国内外招聘音楽家による公開レッスン、公開講座等を受ける機会があります

クラシックギター

欧米の音楽院等にはギター科はほかの楽器と並んで設置されていますが、日本では大学に専攻として設置されているところは僅かです。すばらしいギタリストになることを志して多くの人たちが集まり、本学で豊かな素養と高い専門技術を身につけ、将来、一流の音楽家や教育者となって巣立っていくことが目標。個人の資質を最大限にひき出すためにきめ細かな指導を行います。


ディプロマ・ポリシー

このページの先頭へ