学部・学科紹介
声楽専攻

声楽演奏家コース

世界を魅了する声楽家をめざして、自分の身体を最高の楽器に磨き上げ、自然な発声で心ゆたかに歌おう

「声楽演奏家コース」は、将来プロとして第一線での活躍をめざす学生のための特別コースです。入学試験では定員を設けず、特に優秀だと認められる学生を合格させます。
本コースのカリキュラムは、「声楽」の目標をさらに充実させ、ヨーロッパの音楽院と同等、あるいはそれ以上の教育内容を盛り込んでいるのが特長。学生は週2回(二人の指導教員に師事することもできます)の個人レッスンを通して、基礎テクニックを確実に修得していきます。
また、本コースならではの「舞台基礎演技法」という授業では、経験豊かな教授陣に加えて、第一線の指揮者、演出家、声楽家が質の高い実践的な講義を展開します。その成果を披露するため、オペラの研究発表を毎年開催するほか、専門教員による身体表現、バレエ、舞台演奏論等も行い、コレペティトールによるレッスンも週1回受けることができ
ます。このほか、内外から招いた音楽家による「特別レッスン」「公開レッスン」また「オペラおよび歌曲のディクション」等も年に数回開いています。オペラを履修しない学生は、イタリア、ドイツ、フランス、スペイン、ロシア歌曲の各分野を専門的に深く学ぶためのコースも併設されています。このように充実した教育を通して、国内はもとより、世界に活躍できる品格ある音楽家を育みたいと考えています。
なお、定期実技試験で基準点に達しなかった場合は、「声楽」へ転籍となります。

ディプロマ・ポリシー

 

このページの先頭へ