ブックタイトル東京音楽大学 学校案内2018

ページ
11/52

このページは 東京音楽大学 学校案内2018 の電子ブックに掲載されている11ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

東京音楽大学 学校案内2018

ヴィルサラーゼ先生の公開マスタークラスを受講しました。先生が横で弾いてくださると、一つひとつの質や声部を合わせるタイミングなどが「これしかない!」という部分でパズルのようにはまっていくのを感じ、自然に高い質で弾くことの大切さが身にしみました。レッスンでは具体的に曲の何かを学ぶというより、先生の音楽観や生き様に触れて、自分の中の音楽を育むための新たな視点を発見できたことがとてもよかったです。この経験は生涯忘れることなく頭の片隅にあって、これからも自分を助けてくれると思っています。音楽を育むための、新たな視点を発見。鶴澤 奏 ピアノ演奏家コース 2017年大学卒業Message私は上智大学で「国際教育開発学Ⅰ」を受講しました。音楽大学では学ぶことのできない分野である開発途上国の教育について学べたことで、自分の世界観も広がった気がします。また、教育に関するシンポジウムに参加したことで、上智大学生の勉強に対する意識が非常に高いことが分かり、自分自身を見直すきっかけにもなりました。この経験を教員になった時に生かしていきたいと思うと同時に、以前から興味があった日本の音楽科教育と海外の音楽科教育の違いを研究したい気持ちも強くなりました。世界観が広がった、貴重な体験。若林 茉那 ピアノ 大学3 年Message英語に限っても基礎から復習できるクラスや、発音トレーニング、スピーキング、資格英語、メディア英語など幅広く学べます。またコースが多い分、少人数のクラスとなるのも魅力です。音楽英語という授業では、音楽の文献を読むことで音楽用語や海外の文化を学び、音楽の知識を英語で伝えられるようになる実践的なものでした。履歴書を英語で作成したり、コンクール・留学などの書類を読む内容もあり、留学希望者にはとても役立ちます。また、就職活動も、音楽以外に外国語を武器にすることができるので自信をもって行えるようになると思います。幅広く学べる、充実の外国語教育。丹後 七海 ピアノ演奏家コース 2017年大学卒業 Message他大学で学び交流するという体験をとおし、視野を広げることを目的として、2010 年4 月より、上智大学と単位互換型の学生交流制度を開始しました。2年次以上の全ての専攻の学生を対象に、上智大学で取得した単位は東京音楽大学の単位として認定されます。上智大学の500 以上の講座から選べます。音楽大学の枠を越えた体験や交流上智大学単位互換制度本学では全専攻に英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、ラテン語、中国語の講座を設けており、レベルや目的に応じたクラスも豊富です。外国人教員を含め優秀な教授陣のもと少人数制クラスを編成し、実践的な語学力を養います。スカイプを利用し、どこにいても学べるイングリッシュ・スタディ・センターも開設。カリキュラムの枠を越えて英語を学べる環境が完備されています。東京音楽大学ならではの外国語教育上智大学 1号館マスタークラス上智大学単位互換制度外国語教育幅広い教養教育の特色 マスタークラス/上智大学単位互換制度/外国語教育9