ブックタイトル東京音楽大学 学校案内2018

ページ
15/52

このページは 東京音楽大学 学校案内2018 の電子ブックに掲載されている15ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

東京音楽大学 学校案内2018

世界でたったひとつの自分の声を「心を伝える楽器」として育て上げるために。2 018 年度、声楽専攻は更なる充実を目指して、新しく生まれ変わります。東京音楽大学の声楽専攻のオペラ授業の大きな特色は、オペラの現場に極めて近い形をとりながら、初歩から丁寧な指導を行っていることにあります。一人の学生に対して、歌、指揮、演出、発音など専門の教員がチームとなって指導にあたっており、学生はオペラを実践的かつ多角的に学ぶことができます。声や成長の速さは学生一人ひとり違うので、その学生にあった配役や場面を考えるなど、丁寧かつ手厚い指導を心掛けています。授業の集大成として、春学期と秋学期にそれぞれ試演会が開催されています。プロの世界でも言えることですが、一つの舞台を踏むことによって人は大きく成長します。「オペラをやってみたい」という夢を持ったら、全力でチャレンジしてもらいたい。東京音楽大学には、皆さんの夢を受け止め、手厚くサポートしようという教員がそろっており、皆さんを待っていますから。更なる充実を目指して、自由度を増した多角的な授業を。オペラ代表 教授 釜洞 祐 子■ 1年次は全員が「声楽芸術」に在籍となります。■ 基礎的な発声法などを学びながら、新設の「舞台基礎入門講座」で、  舞台表現の初歩を学びます。■ 本人の希望により、様々なジャンルの曲のレッスンが可能です。■ 「オペラ実習」の授業では、声楽家、演出家、指揮者による指導が行われます。■ 「歌曲・重唱」では、イタリア、ドイツ、フランス、ロシア歌曲を基礎から学べます。■ レッスン時間 50 分/週声楽芸術(1年次)声楽芸術コース(2~4 年次)Vocal ArtVocal Art Course1年次 2年次 3年次 4年次声楽実技Ⅰ専攻科目専門基礎科目声楽実技Ⅱ合唱1ピアノ(副科)ⅠソルフェージュⅠピアノ(副科)ⅡソルフェージュⅡ和声Ⅰ西洋音楽史概論1和声Ⅱ西洋音楽史概論2声楽実技Ⅲ合唱3声楽実技Ⅳ合唱4卒業演奏合唱2※ 35ページ参照・オペラ実習・歌曲・重唱・舞台基礎入門講座・特別実習( 声楽特別演奏家コース生対象)・ドイツ語歌詞研究・ドイツ語オペラ台本研究・イタリア語歌詞研究・イタリア語オペラ台本研究専攻科目専門共通科目必修科目選択科目カリキュラム■ 「特別実習」では、歌曲、オラトリオ、オペラのアリアやシーンを題材に、声楽家、指揮者、演出家の指導のもと高度で実践的な授業が展開されます。■ レッスン時間 60 分/週■ 2年次からの「声楽特別演奏家コース」の在学生は、学年末の定期実技試験の成績により決まります。声楽特別演奏家コース(2~4 年次)加納 里美 釡洞 祐子 菅 有実子 小森 輝彦 佐野 成宏水野 賢司 水野 貴子 横山 恵子川上 洋司演 出照明演出身体表現【客員教授】 粟國 淳  【専任講師】 伊藤 隆浩 指 揮【講  師】 今井 伸昭 大島 尚志 【講  師】 奥畑 康夫【講  師】 安達 悦子 【特任講師】 菊若 亮太郎【教  授】     広上 淳一【専任講師】 田島 亘祥【講  師】 時任 康文      三河 正典【助  教】 杉原 直基 (他助手)  オペラ実習・特別実習フレンドリー・アドヴァイザー声楽伴奏(コレペティトールを含む)【専任講師】 腰塚 賢二  平 郁夫  田島 亘祥  谷池 重紬子 服部 容子【講  師】 前田 美恵子 森島 英子 八木 智子  湯浅 加奈子 脇田 理佳  渡辺 知子 (他助手)担当教員【教  授】 加納 里美  釡洞 祐子  菅 有実子  小森 輝彦  佐野 成宏  水野 賢司  水野 貴子        横山 恵子  【客員教授】 川上 洋司【准教授】 秋山 隆典  阿部 純   立原 ちえ子 伊達 英二  星 洋二   緑川 まり        【専任講師】 安達 さおり 五日市 田鶴子 菅野 宏昭  島田 準子  志村 文彦  橘 洋子   萩原 みか  【講  師】 浅井 隆仁  岩井 理花  川原 敦子  倉石 真   黒澤 麻美  小島 聖史  小林 彰英        杉野 正隆  高橋 淳   武田 正雄  田代 誠   成瀬 当正  野田 ヒロ子 服部 洋一         藤井 奈生子 藤牧 正充  (他助手)Vocalist CourseMessage声楽専攻13