ブックタイトル東京音楽大学 学校案内2018

ページ
33/52

このページは 東京音楽大学 学校案内2018 の電子ブックに掲載されている33ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

東京音楽大学 学校案内2018

卒業後の進路実績公立高等学校教諭、公立中学校教諭、音楽教室指導者、マーチング指導者など多数1年次 2年次 3年次 4年次必修・選択 実技音楽教育専門科目卒業課題ゼミナール1年次 2年次 3年次 4年次専修実技Ⅰ 専修実技Ⅱ 専修実技Ⅲ 専修実技Ⅳ音楽教育専門科目指導法/ゼミナール卒業演奏応用音楽教育コースの実技科目・声楽 ・ピアノ ・管打楽器 ・弦楽器 ・作曲(基礎) ・古楽器 ・邦楽器 ・電子オルガン共通必修科目・社会人特別講義・メディアリテラシー実習・応用音楽概説・音楽文化研究演習選択必修科目・音楽文化政策・産業概論・音楽教育文化史・多文化音楽教育概論・音楽と健康・応用音楽教育特別講座・音楽教育研究演習・楽器学入門・実用和声・合唱・音楽教育実技演習・卒業論文・卒業実習報告書・卒業制作専門共通科目 ※ 35ページ参照応用音楽教育コース実技専修コース応用音楽教育コース実技専修コース応用音楽教育コース カリキュラム実技専修コース カリキュラム学校の音楽指導者、地域の音楽指導者を目指して。音楽教育専攻は、多様な音楽の実践能力を生かした音楽科教員や、実技の専門性を生かした音楽指導者を輩出することを目的としています。卒業後必要となる諸分野について幅広い教養と実践能力を磨きます。授業の形態は、講義形式、演習形式、参加型実践形式をバランスよく取り入れています。担当教員複数の音楽実技を身につけるとともに、音楽教育や音楽文化を中心とした学科科目を学ぶことで、多様な音楽の実践能力を備えた音楽科教員として活躍できる人材を目指します。応用音楽教育コース Music Education/Comprehensive Music Study一つの専修実技について高度な音楽実践能力を身につけるとともに、専門的な指導法を学ぶことで、専修実技の専門性を生かした指導者、トレーナー、実務家として活躍できる人材を目指します。実技専修コース Music Education/ Instrumental Emphasis応用音楽教育コースには、「社会人特別講義」という音楽教育専攻独自の授業があり、社会人になったときに慌てないよう、いち早く社会勉強ができます。卒業した先輩たちや、音楽出版社、時にはコンサートホールで仕事をしている方からもアドヴァイスをいただいて、卒業後に様々な音楽との関わり方があることを学びました。「芸術文化で結ぶヒトとマチ」という講義では、実際に外国人演奏家の日本でのマネジメント事業に携わっていた講師より、音楽活動のサポートと音楽文化の振興事業について教えていただきました。今年の4月より日本音楽著作権協会に就職しましたが、音楽文化をきちんと守ることで音楽家をサポートし、音楽の力で社会に貢献していきたいと思います。より実践的な力を養う、社会人特別講義。王 ?韵加藤 富美子下道 郁子福田 裕美【教  授】 加藤 富美子( 音楽教育) 津堅 直弘( トランペット)【准教授】 阿部 純 (声楽)      小高 明子 (ピアノ)        下道 郁子 (音楽教育)   立原 ちえ子 (声楽)      広瀬 宣行( ピアノ)   福田 裕美( 音楽文化政策)        リック オヴァトン( ジャズ等)【講  師】 赤羽 美希 (音楽教育)   井上 勢津 (音楽療法)          小野寺 緑 ( クラリネット) 久保 亜莉沙( トランペット)       近藤 隆史 (情報教育・コンピューターミュージック)      澤口 遊雲子( リトミック) 柴原 誠 ( 打楽器)       周東 美材 (音楽社会学) 杉野 正隆 (合唱)        中村 千鶴( 音楽教育)   野中 正 ( ピアノ)  音楽教育専攻 応用音楽教育コース 2017年大学卒業一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)実技のさらなる専門性の向上はもとより、音楽教育に関する幅広い教養を身につけ、卒業後は教職に就くと決めていたので東京音楽大学に進学しました。音楽史やソルフェージュなどの授業に加え、文章力やプレゼンテーション能力が身につくゼミ、各界で活躍する社会人が講師をなさる特別授業等、独自の講義が多く開講されていることが本専攻の特徴だと言えます。また学年の壁を越えて学生間の交流があり、先生方も親身に相談に乗ってくださり専攻全体がとても温かい雰囲気です。私は本年度、埼玉県の公立高校に着任しました。授業をとおし子どもたちの人間性を育み、音楽の“人を感動させることができる力” を伝えるべく本学で体得したことを糧に精一杯励んでいます。実技と幅広い教養を身につけ、目標を実現。新井 純音楽教育専攻 実技専修コース(声楽)2017年大学卒業埼玉県立羽生高等学校 教諭Message Message音楽教育専攻31