学部・学科紹介

理事長ご挨拶

 学生が希望する分野に進み、
 そこで活躍できる能力を身に付けるために。

 皆さまにおかれては、日頃より日本の音楽教育に深いご理解と温かいご支援をいただき、厚く御礼申し上げます。
 東京音楽大学は、おかげさまで、2018年に創立111年を迎えます。その記念プロジェクトの目玉として、「中目黒・代官山キャンパス」を2019年4月に開校し、新しい時代にふさわしい音楽教育の改革に挑んでまいります。新キャンパスは、都心の交通至便な好立地に在りながら、緑豊かな環境を持つ一等地です。本学は、芸術への親和性が高いこの地をベースに、音楽に加え、さらなる英語と教養教育の強化を図るため「Music-Liberal Arts」専攻を新設し、またITと人間力を融合した世界と繋がる授業展開、次世代の音楽需要を見据えたカリキュラムの編成などを実施してまいります。こうした取り組みによって、他の音楽大学の追随を許さない最高の教育環境を学生に提供し、「学生が希望する分野に進み、そこで活躍できる能力を身に付ける」という本学の教育目標を実現していきたいと考えております。

 しかしながら、上記一連プロジェクト実現には、多額の資金が必要となります。そこで、本学の教育目標やプロジェクトの理念にご賛同いただける企業や篤志家の皆さまを対象に、東京音楽大学教育支援制度として「未来計画120」を創設し、皆様に会員となっていただき、ご寄付を賜りたいと存じます。募金の使用目的・目標金額・特典などの詳細は後のページにまとめさせていただきました。ご一読の上、「未来計画120」創設時の特別会員としてご参加いただき、将来にわたって本学を支えてくださいますよう、心よりお願い申し上げます。




     

学長ご挨拶

 音楽芸術を通して国際的な感覚を養い、
 社会で活躍できる能力を身につけてほしい。

   平素より東京音楽大学に対し温かいご支援、ご協力を賜りまして心より感謝申し上げます。

   これから新たな東京音楽大学の歴史を創るために、2019年4月、「中目黒・代官山」の地に新しいキャンパスの新設、そして、ミュージックリベラルアーツ専攻の開講も予定しております。手で触れられるモノではない「音楽」は、数ある芸術のなかでもっとも抽象的で、だからこそもっとも豊かに広範な知と技を含む崇高な芸術です。それを学ぶことは、人間について、社会について、自然についての洞察を試み、隠された真実を発見することの連続です。我々は、文化水準の高い新しい地を拠点に新たな専攻の息吹をもって、国際的な感覚の人々と学生たちが繋がりをもつことで、様々な文化が自然発生することに期待を持っています。これからの私たちの取り組みは、本学の学生にとって今、そしてこれからの音楽芸術がどう進むべきか考察する機会になるとともに、プロフェッショナルな音楽家になる者から、音楽を教養力として実業の世界に飛び込む者まで幅広くキャリアデザインする助けとなるでしょう。「学生それぞれが希望する分野に進み、活躍できる能力を身につける」それが本学のポリシーです。

   本学関係者が一丸となり、力を合わせて努力して参りたい思います。皆様からいただきましたご寄付は、各基金の目的に沿った事業に活用させていただきます。何卒、ご支援、ご協力を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

 

このページの先頭へ