器楽専攻

鍵盤楽器研究領域

大学院音楽研究科(修士課程)鍵盤楽器研究領域は、より高度な音楽芸術の教育研究と文化・社会に貢献する人材の育成を目的に設置された。本鍵盤楽器研究領域は、質の高い実践的教育プログラムを有機的に展開、幅広い分野での活動を可能とするためにピアニスト、作曲家の教員を中心に、声学、弦、管・打楽器の教員も含めた音楽芸術の総合的な指導体制をとっている。ピアノ研究領域には、楽曲への理解を深めるためのアナリーゼを中心とした「器楽特殊研究」、アナリーゼから演奏表現の技術を考え、他の楽器への理解を通して音楽的視野を拡げるための授業「室内楽実習」、語学、原書講読、海外からの招聘教授、ピアニストによる実技指導等の授業がある。修了試験では1時間の演奏と、その楽曲研究の成果を論文あるいはプログラムノートとして作成することが課される。

伴奏研究領域では、プロの伴奏者に必要不可欠である、様々な楽器や声についての深い知識、スコアを的確に読み取る能力等を養い、充分に共演者を支えながら自己表現をも行うことを目標とした実践的な授業を行う。作曲家の指導教員による楽曲分析を含めた実技レッスン、作品を理解する上で必要な生きた和声や編曲を学ぶ「伴奏基礎演習」、器楽ソナタ、歌曲、オペラ、オラトリオ、コレペティトール等、学生が学びたいものを選択可能な「器楽特殊研究」、器楽専攻共通の「室内楽実習」が用意されている。伴奏ピアニストの仕事は現在、非常に需要が多いが、その本格的な学習の場は少ない。本大学院では、伴奏者として必要な能力を徹底的に学習させる一方で個々の個性にも留意し、最終的に総合的な音楽観を確立させることを目標とする。

弦楽器研究領域

真の個性と自信を──大学院とは、いままでの与えられてきた知識と技術の習得にとどまらず、専門分野において自ら研究課題を定め、正当性を持った矛盾のない論理を確立することにある。 そのためには学生の積極的な探究心と努力が求められる。大学院では客観性と個性を持ち合わせた経験豊かな教員が学生とともに研究課題に取り組み、学生の意欲に対し最大限のサポートがなされる。

管・打楽器研究領域

演奏家になるために必要な修業年数にはもちろん個人差がある。しかし、一般に管・打楽器奏者は他の楽器に比べて音楽開始年齢が遅く、大学4年間の修業年限で十分とは言えない。また、職業演奏家を目指すためには単に長期間練習を続ければよいというわけでもなく、上達に応じた質の高い教育および教育環境が必要である。管・打専攻の大学卒業生に対してこの部分を補うのが大学院管・打楽器研究領域である。当大学院の誇る指導陣により、まずは個人レッスンである「器楽実習」を中心として、他の楽器との「室内楽実習」でアンサンブル能力を高め、「器楽特殊研究」を通して奏者に必要な広範かつ専門的知識を学ぶ。また、特に指導および理論的研究を志す者には「楽曲分析演習」等で、専門実技を理論的に捉えてゆくこともできる。

室内楽研究領域

近年、室内楽への関心が一段と高まってきている中で、音楽性豊かな演奏家を育てるために、高いレベルの演奏者による編成の室内楽が重要な意味を持っている。高度な室内楽研究を実現するには、基本的に各人の演奏技術を向上させなければならない。本領域においては、個々の専門楽器の技術的、音楽的な徹底研究を行う。また、自分の楽器だけではなく、いろいろな楽器についてもその特性に触れ、楽曲についても演奏に必要な実践的かつ学問的アプローチを行うことになる。室内楽の研究により音楽全般に対する理解を深めることは、分野を問わず演奏者として必要不可欠である。室内楽研究領域は、2名から6名の間で自由にアンサンブルを組んで志望することができる。各グループに適した柔軟なカリキュラムが準備され、修了試験も同アンサンブルで受けることが求められるが、その過程においては、自由な発想により様々な楽器の組み合わせで研究することができる。さらに、他の研究領域開設科目、学部開設科目も履修することが可能であり、それぞれの研究テーマに即した環境が整えられている。

このページの先頭へ