音楽研究科(修士課程)

社会の急速な変化の中で、音楽芸術の研究はその普遍性を追求するとともに、時代への即応も求められている。こういったニーズに応えるため本学大学院においては、平成14年度より芸術の「伝統と創造」を教育研究テーマとして実技中心の柔軟性のあるカリキュラムと新分野の研究領域を開設し、高い能力と豊かな人間性を有する音楽家の育成に努めている。器楽専攻には、鍵盤楽器研究領域として伴奏を専門に研究することが可能となり、また室内楽研究領域も開設された。音楽教育専攻には音楽学研究領域とソルフェージュ研究領域を設置、研究の幅が大きく拡がっている。これに伴って選抜方法も、室内楽研究領域の場合にはアンサンブル単位での選抜を行うなど、画期的な試みがなされている。さらに生涯教育の観点から社会人教育が求められていることを踏まえ、平成14年度から社会人特別選抜制度を導入、実施するなど音楽大学として社会からの要請に応えている。

目的
本学大学院は、広い視野に立って、音楽に関する精深な学術と技能を修得させ、音楽専攻分野における研究能力と高度の専門性を有する職業等に必要とされる能力を養い、その深奥をきわめて、文化の進展に寄与することを目的とする。

専攻および修業年限
●器楽(鍵盤楽器、弦楽器、管打楽器、室内楽)
※鍵盤楽器にはピアノ、オルガン、チェンバロ、伴奏がある。
●声楽(独唱、オペラ)●作曲指揮 ●音楽教育(音楽教育、
音楽学、ソルフェージュ)●標準修業年限2年

学位および資格

  1. 修了者には、修士(音楽)の学位を授与する。
  2. 中学校教諭1種(旧:1級)、高等学校教諭1種(旧:2級)免許 状(音楽)を有するものが、
    所定の単位を修得して本大学院 を修了した場合は、中学校教諭、および高等学校教諭専
    修免許状(音楽)を取得する資格が得られる。

・修士課程3ポリシー
<アドミッション・ポリシー>
音楽の専門的な研究に必要な基盤を備え、高度な技術、知見、研究能力を持ち、かつ社会の現況と今後の動静に対応できる柔軟な資質と強い意欲を持つ人材を求めます。

<カリキュラム・ポリシー>
●器楽専攻
・学部で習得した演奏能力を発展させ、レパートリーを拡充します。
・時代や地域、演奏形態、楽器の特性、ジャンル等の様々な要素を総合的にとらえた高度な作品解釈力、
   アンサンブル能力の獲得を目 指します。
・学生それぞれが目指す将来の職業(演奏家や指導者など)に対応する能力が身につくようにします。
・2年次にはリサイタル形式の修士演奏を行います。

●声楽専攻
・学部で習得した演奏能力を発展させ、レパートリーを拡充します。
・時代や地域、演奏形態、ジャンル等の様々な要素を総合的にとらえた高度な作品解釈力、アンサンブル能力
   の獲得を目指します。
・声楽にとって必要な外国語の能力を獲得し、日本語も含めた正しい発音、発声法、歌唱法に基づく芸術的な
   表現と言語能力を獲得します。
・オペラ研究領域では、朗読、立ち居振る舞い、パントマイム、バレエ等の身体表現を学び、舞台での実践力
   を修得します。
・学生それぞれが目指す将来の職業(演奏家や指導者など)に対応する能力が身につくようにします。
・2年次には修士演奏を行います。

●作曲指揮専攻(作曲)
・自らの個性的な創作の基盤ないしは起点となるべき課題を定め、自主性をもって能動的な研究活動、研究発表
   を行うことにより、総合的な作曲能力の向上を目指します。
・最先端情報処理技術を探求し、進化し続けるマルチメディア環境を学び、その実践に取り組みます。
・2年次には修士作品を作成します。

●作曲指揮専攻(指揮)
・指揮者というものの存在意義を再認識し、高度かつ機能的な技法を学び、深い知識や教養の獲得を目指します。
・指揮者として自分を見つめ、自分に必要なことを自ら判断する能力を身につけます。
・指揮の技法・音楽的な知識・教養はもとより、広く人間同士のつながりが大切であることを学びます。
・2年次には修士演奏としてオーケストラを指揮します。

●音楽教育専攻(音楽教育)
・音楽教育に関わる専門的な知見を身につけ、研究能力と実践力を修得します。
・社会における様々な音楽文化活動の展開を可能にする幅広い知識を身につけ応用力を獲得します。
・音楽教育、音楽文化活動に関わる課題を設定し、修士論文を作成します。

●音楽教育専攻(音楽学)
・音楽学研究に必要な方法論を追究します。
・演奏や教育、周辺領域を含む広範囲な視座の獲得を目指します。
・学生それぞれが目指す将来の職業(研究者や教育者など)に対応する能力が身につくようにします。
・自分の問題意識を明確化し、それに基づいて修士論文を作成します。

●音楽教育専攻(ソルフェージュ)
・楽曲の総合的理解、把握、解釈を可能にする高度な読譜力の修得を目指します。
・指導法や教材作成など、ソルフェージュ教育に必要な能力を獲得します。
・学生それぞれが目指す将来の職業(教育者や研究者など)に対応する能力が身につくようにします。
・各自の専門実技のさらなる修得に加えて、2年次には修士論文を作成します。


<ディプロマ・ポリシー>
大学院修士課程においては所定の単位を修得し、かつ以下に示す能力を身に付け、学位審査試験に合格した者に、修士(音楽)の学位を授与します。なお、学位審査試験は修士演奏・修士作品あるいは修士論文(一部専攻においてはこれらの組み合わせ)及び最終試験によって行います。
1)高度な専門的知識・技能と研究能力を身に付け、自立的で質の高い音楽活動を展開できること。
2)旺盛な国際感覚を持ち、多様な音楽的価値観を尊重できること。
3)現代社会における音楽芸術のあり方について考察し、音楽による社会貢献ができること。



このページの先頭へ