声楽専攻

オペラ研究領域 独唱研究領域

「独唱研究」と「オペラ研究」の2領域に分けられており、最高水準の技術、知性と品格、そして心豊かな表現力を持った演奏家を育成するための授業内容を多面的に用意している。それぞれの特色は下記のとおりで、どちらの研究領域からも相互の授業を選択することができる。(一部制限あり)

オペラ研究領域

声楽実習、オペラ総合実習、オペラ曲分析実習(演技・バレエ指導)、オペラ特殊研究、重唱特別演習、コレペティトールによるレッスン、外国人講師による公開レッスンほか 学内の強力な教授陣に加え、国内の第一線で活躍している声楽家、スタッフ陣の指導により、本格的なオペラ研究発表を行っている。

独唱研究領域

歌曲分析演習、リサイタル、声楽特殊研究T・U・V・W、重唱特別演習、コレペティトールによるレッスンほか年間を通し海外からの一流演奏家、教授陣を招聘し、授業以外に個人レッスンや公開レッスンを行っている。

このページの先頭へ