公的研究費の責任体系について

公的研究費の責任体系について

「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に基づく
運営・管理に関わる者の責任と権限について

東京音楽大学

「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日 文部科学大臣決定)第1節 機関内の責任体系の明確化」に基づき、公的研究費等の運営・管理に関わる者およびその責任と権限の体系について、以下のとおり公表します。

  1. 学長は、最高管理責任者として、機関全体を統括し、公的研究費等の運営・管理について最終責任を負います。
    統括管理責任者および公的研究費等運営・管理責任者が責任を持って公的研究費等の運営・管理が行なえるよう、適切にリーダーシップを発揮します。
  2. 事務局長は、統括管理責任者として、最高管理責任者を補佐し、公的研究費等の運営・管理について機関全体を統括する実質的な責任と権限を持ちます。
  3. 経理課に経理担当者を置き、公的研究費等の運営・管理について実質的な責任と権限を持ちます。
  4. 教務課に事務担当者を置き、公的研究費等の適正な事務について実質的な責任と権限を持ちます。

  ・東京音楽大学における公的研究費取扱規程
  ・東京音楽大学における研究活動等不正防止規程

このページの先頭へ